topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて名画座ってところへ行きました。 - 2012.03.08 Thu

1ヶ月ぐらい前にTBSラジオの「ウィークエンドシャッフル」で
『「東京に住んでいて名画座に行かないやつはバカだ!」特集』
というのをやっていて名画座に行った事のない私はサッサと感化され
番組を聴きながらネットで名画座を調べたらこんなサイトを見つけました。

魅惑の名画座

で、番組内では名画座で観れる
DVD化もされていない
邦画の話になっていったんですが
私は各名画座の料金の安さを見るというドケチなのでした。
そんな訳で900円で2本観れる名画座をあっさり発見。
と、いう訳で今日映画を見に行きましたよ♪
とりあえずリンクはりますね。

新橋文化劇場

外観はこんなです。

で、今日観た映画はこれです。

映画はなにかしら関連付いた2本が週替わりで
流してるようで今週は実話を元に描いた2本ですが
来週は同じヒロインつながりのようです。
今日観た映画の話は後にして
まず新橋駅から品川方面に線路沿いに歩いて
3分・・ないかな~・・・写真で分かるかもですが
高架下にある不思議な映画館です。
まず入る前に自販機でチケットを購入。

自販機の斜め向かいに半券をもぎる場所があり入場です。

館内は写真は撮りませんでしたので
文章で説明しますと
高架下という立地条件なので当たり前ですが
客席81というこじんまりとした映画館なので
もぎりの向かい(自販機の奥とも言う)トビラを入ると
サッサと映画会場でした。ちっちゃっっ!
そして全体的に昭和チックの懐かしい雰囲気で
壁は照明のせいかしれませんが
クリーム色で全体的にやわらかく
真ん中と両脇に通路があり
客席はたぶんベージュで
飲み物を置くようなスペースはないけれど
思ったよりゆったりとした大きな席で
腰痛持ちの私にはかなりありがたいモノでした。
またトイレがスクリーンの両側にそれぞれ男女あって
そのスクリーンの左横にシンプルな丸い時計があるのが
また懐かしい~♪
私が子供の頃に通った地元岡崎の映画館って
だいたいその位置に時計があって
「そろそろ始まるかな~♪」とかよく心躍らせたモノでした。
まあ映画がつまらないと「早く終わんないかな~」って
やっぱりその時計に目がいってたんですけどね。
だから今もそのクセが抜けてなくて
シネコンとかに入って時間を確かめようとと
ついスクリーン横を見て「あ、ないんかっ」と
ガッカリする自分がいたりします。

今日私は朝10時からの回から入ったんですけど
お客さん(ご高齢の方が多かった)が20人ぐらいすでにいて
「あ~名画座の文化ってやっぱりあるんだよな~」と
あらためて感心しつつ
天井から電車の「ゴトゴトゴト・・・」という音も
楽しい気分にさせてくれるな♪と始まる時間を待っていると
10時に学校の
「キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン」の音と共に
館内が暗くなり予告編とかなしにいきなり1本目の
「黄色い星の子供たち」が始まりました。

黄色い星の子供たち [DVD]黄色い星の子供たち [DVD]
(2011/12/02)
メラニー・ロラン、ジャン・レノ 他

商品詳細を見る

「黄色い星の子供たち」は1942年のナチ占領下のパリで
強制的に黄色い星を胸につけられたユダヤ人達が
ある日一斉検挙をうけ1万3000人がつかまり・・というモノ。
ジャン・レノがユダヤ人もお医者さん役で出てましたが
完全主役ではなく何人かいるメインの1人にすぎません。
私、最後にボロ泣きしてしまいました。
25過ぎてから涙腺がドンドンゆるくなってるんです。

5分休憩の後2本目の「神々と男たち」が
やっぱり予告とかなしでスタートです。

神々と男たち [DVD]神々と男たち [DVD]
(2011/10/29)
ランベール・ウィルソン、マイケル・ロンズデール 他

商品詳細を見る

「神々と男たち」は1990年代のアルジェリアの田舎町が舞台。
長年仲良くやってきたキリスト教の修道院と
地元のイスラム教の人達でしたがイスラム過激派が
テロ行為を始め修道院にも危険がせまり・・というモノ。
なんかカンヌ映画祭でグランプリ獲った映画だそうです。
これは泣きはしませんでしたが危ない地域で
残るか祖国フランスへ帰るか悩む修道士達の導き出した結論は
やはり「すごいな」でした。

という訳で2本ともとてもおもしろかったです。
で、映画館の話に戻るんですが
上映中に途中から入る人ややたらトイレに行く人が多かったり
やっぱりたまですが聴こえる天井からの「ゴトゴトゴト・・」など
普段なら気にしそうな事が多かったんですけど
不思議とイヤな気分にはなりませんでした。
たぶんあの懐かしい館内の雰囲気のおかげだと思います。
昔の映画館って映画の途中から入る人ケッコーいた気しますし
子供の私は映画に飽きると席を立って館内を
ウロチョロしてましたけど
特に怒られた記憶もなく、昔はそれぐらい
ゆるい空間だったと思い出させてくれました。

この間「ヒューゴ~・・」を観た時に近くの若いノが
上映中に携帯観て光漏れてるしカチャカチャ音するし
「どっか行け!!」と思ったんですが
ちと反省。
やっぱり心にゆとりを持たないとな!

そんないろんな事を考えさせてくれる
いい映画館でした。
また行こっと♪

つー訳でではまた。
長文だったな~っっ!!

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 映画ブログ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hicthnikki.blog24.fc2.com/tb.php/401-9493fdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毎年恒例耳鼻科へ行ってきました。 «  | BLOG TOP |  » あ~ペン軸が~っっ。

プロフィール

浜本ヒッチ

Author:浜本ヒッチ
趣味でまんがを描いて「もっとうはてきとー。」というサイトをちんたら運営してます。もーしよかってら遊びに来てくださいな。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (222)
洋楽 (133)
邦楽 (13)
映画 (133)
TV (51)
アニメ (13)
プロレス (16)
岡崎の話題だったり。 (10)
未分類 (6)
私のサイトやマンガ。 (115)
たぶん昔ばなし ももだろう (89)

検索フォーム

ランキング

アフィリエイト(広告です)

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。